SSブログ

朝食後、クッチャロ湖畔へ [季節]

朝風呂に入って朝食後、
111118_0829~010001.jpg

フロントの前に白鳥に関するパンフレットが。
111118_1006~01.jpg

ホテル出発後、クッチャロ湖畔へ。
111118_1025~010001.jpg

クッチャロ湖は周囲27kmの汽水湖で大沼・小沼からなる。ここは渡り鳥の中継地でコハクチョウは最も多いときで約2万羽、カモの類は約5-6万羽、また国特別天然記念物のオジロワシの営巣も確認されているらしい。
渡り鳥は春・秋・冬そして夏は花が美しく咲き乱れる。ここは1989年に日本で3番目にラムサール条約登録湿地となり1607ヘクタールが特別保護地区になっている。
111118_1026~010001.jpg

コハクチョウは宿の情報によればまだ500羽ほどでこれからどんどん飛来するのであろう。
雨でゆっくり見物できなかったのが残念だが、ハクチョウたちはヒトを恐れるでもなく、なかには近寄ってくるのもいて驚く。

こんな豊かな自然がいつまでも守っていかれると嬉しいなぁ。

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog

nice! 4

コメント 4

ken_jp

クッチャロ湖が何処にあるのかと思い
地図で調べたらなんと、もう稚内に近いほど北端に近いオホーツク沿岸
自分には想像もつかない もう異国って感じです
ここに住んでいる人って
何を思って暮らしてるんだろう
首都圏に住んでいると
そんな思いを馳せてしまいました。。
by ken_jp (2011-11-19 07:43) 

のむ

ken jpさん:
人家がないところが多く、あっても海風がまともに当たるところにあります。すごい環境の中での生活が想像されます。でも替わりに豊かな自然と海産物があるのです。
by のむ (2011-11-19 12:46) 

コバヤン

酒田で単身赴任していた時に、
最上川の河口口にあるスワンパークに白鳥を見に
行きましたが、人には近づいて来ませんでした。
500羽の飛来はすごいですね。
by コバヤン (2011-11-19 18:18) 

のむ

コバヤンさん:
酒田にも居られたのですね。北前船で栄えた所ですね。
以前旅行したのですが魚介類もとても美味しかったのを覚えています。
ハクチョウはこれからどんどん増えますから、新潟の瓢湖のようになっていくのでしょうね。
by のむ (2011-11-19 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。